朝の正しい洗顔方法と夜寝ている間の肌の状態

 

夜は寝ているだけなので肌が汚れていないと思われがちですが、寝ている間にも皮脂は分泌されています。

 

朝の洗顔は、その分泌された皮脂を洗い流す必要があります。

 

夜に分泌された皮脂をそのままにしておくと酸化し、毛穴に詰まることでニキビができたり、くすみの原因となります。

 

また布団には埃やダニなどが付着していることがあり、それが皮脂と混ざってかゆみを起こすことがあります。

 

さらに寝る前に洗顔した後に乳液や美容液を塗りますが、それが朝は残った状態になります。

 

それをしっかりと洗い流す必要があるのが朝の洗顔です。

 

夜に塗ったものを洗い流すことで、朝の化粧水などの浸透力が増します。

 

このように朝の洗顔は、夜寝ている間に分泌される皮脂や汚れを落とす役割があります。

 

そして朝の洗顔の正しい方法を行うことで、夜に付着した汚れを落とすことができます。

 

まず朝の洗顔の正しい方法は、洗顔料をしっかりと泡立ててやさしく洗います。

 

ここで夜に分泌された皮脂をすべて洗い流してしまうと肌のバリア機能が失われてしまいます。

 

そこで皮脂が分泌しやすい部分からやさしく泡で洗います。

 

そして朝の洗顔の正しい方法として、水の温度があります。

 

ぬるま湯で洗いますが、限りなく水に違い温度で洗う必要があります。

 

熱めのお湯で洗顔すると、肌の水分が飛んでしまい乾燥肌になります。

 

そして洗顔料を残さないためにもしっかりと洗い流す必要があります。

 

洗顔料の洗い残しは、肌荒れの原因となるからです。

 

朝の洗顔の正しい方法を行うことで、きれいな肌を手に入れることができます。