ニキビ対策には洗顔料をしっかりと泡立てて泡でやさしくなでるように洗顔しよう

毎日のメイクはきちんと洗顔して汚れを落とさないとニキビなどの原因となります。

 

ニキビを作らないためには、しっかりと洗顔料を使って綺麗に汚れを落とす必要があります。

 

しかし、洗顔の仕方一つでもニキビの出来やすさというのは大きな差があります。

 

洗顔なんてとにかく洗えば良いと考えている人もいるかもしれませんが、それは正しい洗顔方法とは言えません。

 

洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシと洗うというのも間違った洗顔方法です。

 

洗浄力が強ければそれだけ効果がある気がしてしまいますが、強すぎる洗浄力はかえって肌を痛めることになってしまうのです。

 

まず重要なのはきちんと洗顔専用の洗顔料を使用するということです。

 

ついつい面倒で普通の石鹸などを使ってしまうこともありますが、洗浄力が強すぎることが多いのです。

 

また、意外と忘れがちですがしっかりと泡立てるということも洗顔においては重要な事です。

 

泡立ちと洗浄力にどのような関係があるかというと、しっかりと泡立てることによって泡の力で毛穴の奥の汚れまでを落とすことが出来るのです。

 

しっかりと落としたいということで肌の表面をゴシゴシとこする人もいますが、肌を痛めないためにはよく泡立ててから泡をクッションにして手のひらでやさしくなでるように洗顔することが大切なのです。

 

間違った洗顔方法を行ってしまうと、ニキビ対策に行っているつもりがすぐにニキビの原因となってしまいますので注意するようにしましょう。