普通肌の人の洗顔料選びのポイント

肌には普通肌、オイリー肌、乾燥肌、オイリーと乾燥の混合肌、敏感肌があります。

 

オイリー肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌にはそれぞれ専用の洗顔料が販売されていますが、普通肌の人にとってはどれを選んでいいか迷うことがあります。

 

ここでは、普通肌の洗顔料選びのポイントについて説明します。

 

洗顔料には、化学物質を混ぜて洗浄力を強くしたものから、自然のものだけでできた優しい洗顔料まであります。

 

どちらがいいというわけではありません。

 

オイリー肌の人にとっては洗浄力が強いものでなければ、肌の油脂がとりきれずニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

 

一方、肌が敏感な人にとっては、自然のものでできた優しいものでなければ刺激が強すぎて、赤みや乾燥の原因になります。

 

普通肌の人が選ぶポイントとしては、つっぱりすぎないことが一つの目安です。

 

人は肌に必要な油脂があり、その量は人それぞれです。

 

その油脂は肌をおおうことで、肌に柔軟性を持たせたり、外部の刺激から肌を守る役割を担っています。

 

もしそれを落としすぎたら、肌は柔軟性を失いつっぱり感を感じるようになります。

 

その状態では、外部からの刺激を直接受けることになってしまいます。

 

いくつかの洗顔料を試してみて、つっぱらないものを選ぶとことがポイントです。

 

以上のように普通肌の人にとっては、洗顔料選びになかなか迷うことがありますがつっぱりすぎないものを選べば、洗浄力は強くも弱くもないので自分に合っているといえます。