乾燥肌の洗顔料選びのポイントとは

乾燥肌の洗顔料選びのポイントは、「余分な油を含んでいないこと」と「洗顔後に肌がつっぱらないこと」です。

 

 一般に、乾燥肌に向いているのは「保湿洗顔料」であるといわれています。洗いあがりがしっとりとして、あまりつっぱらないからです。潤いを実感することが出来ます。

 

何故そのように感じるのかというと、低刺激の成分が使われていたり、保湿に重点の置かれたオイル配合が行われていたりするからです。

 

 洗顔料は、洗顔後に洗い落とされます。

 

しかし、だからといって、洗顔料に重要性がないわけではありません。

 

洗顔時に肌の潤いが奪われてしまえば、肌はますます乾燥してしまいます。

 

 洗顔中、角質は水分によって緩みます。

 

緩んだ角質から、汚れや皮脂と共に肌の潤いまでもが流れ落とされてしまう可能性があります。

 

そうして、つっぱり感を感じる結果となってしまったり、肌の乾燥が進行したりします。

 

そのような状態を、なるべく食い止めようと考慮して、保湿成分などの配合を行っている洗顔料は、肌の潤いを保ちながら、汚れのみを落とすことができます。

 

 また、洗顔で肌を乾燥させてしまわない為に、洗顔料をしっかりと泡立てることも重要です。お肌への刺激が強すぎると、乾燥の進行を促してしまいます。

 

 ところで、一般に、敏感肌であり乾燥肌である人には弱酸性の洗顔フォームがおすすめであるといわれています。

 

しかし、お肌と同じ弱酸性の洗顔料を使用することでお肌への刺激は激減されるとはいえ、同時に洗浄力も低下します。

 

敏感肌で乾燥肌である人が、弱酸性の洗顔フォームを使用して洗顔を行う際には、洗い残しのないように、十分注意する必要があります。