自分の肌質を知り、正しい洗顔法を身につけましょう

肌の水分量と洗顔の仕方について説明します。

 

まず、洗顔の前は手の汚れをとるために、石鹸で手を洗うことが大事です。

 

その後、洗顔料をよく泡立てて、泡でやさしく肌を包みこむように洗うことが大切です。

 

ゴシゴシと洗うと肌を傷めてしまいます。

 

人それぞれに肌質は違うものです。

 

ですから、正しい洗顔の仕方を学んだとしても、自分の肌質に合っていなければトラブルの原因になります。

 

肌質は、角質層に含まれる水分量と皮脂腺から分泌される皮脂の量で決まります。

 

肌質には、水分量と皮脂量のバランスの良い「普通肌」、皮脂量の多い「脂性肌」、皮脂量の少ない「乾燥肌」、脂性肌と乾燥肌が混じっている「混合肌」、外部からの刺激に反応しやすい「敏感肌」があります。

 

普通肌の場合は、正しい洗顔法であればトラブルはほとんどありません。

 

脂性肌の場合は、皮脂量が多いため、洗顔の回数を増やす人もいますが、洗顔しすぎると余分な皮脂まで取り除かれてしまう可能性があります。

 

乾燥肌では、皮脂量が少なく肌が乾燥した状態なのですが、水分量も少ない人の場合は皮脂量の方が目立ってしまい、脂性肌と勘違いしてしまう人もいます。洗顔をしすぎると余計に肌が乾燥してしまうため注意が必要です。

 

混合肌では、Tゾーンと呼ばれるおでこや鼻の部分が脂性肌で、そのほかの部分が乾燥肌という人が多いのですが、Tゾーンとそれ以外で洗顔量やマッサージの仕方などをを変えるのが理想的です。

 

敏感肌は、洗顔料や化粧品が自分の肌に合うものかをきちんと調べることが重要です。